怒りを有効活用する学問 > アンガー マネジメント

日本アンガーマネジメント ファシリテーター養成講座

★

アンガーマネジメントとは? SEOpage

1970年代にアメリカで始まったもので、教養やマナーのひとつとして教育現場に導入されています。
自分の怒りの感情やイライラをコントロールして上手く付き合う心理技術です。
「アンガー」は怒りの感情、「マネジメント」は管理やコントロールのことを指しています。
日本アンガーマネジメント協会ではここでいう「マネジメント」を「後悔しないこと」と意訳しています。
根本的に怒らないような思考・体質を作ることを目的としていますが、それにはある程度の時間と労力が必要とされます。
まず、怒りはするがそれを表に出さなくて済むようになる短期的な対処法から習得していただきます。

怒ることは悪いことなの?

1つに「何かを伝えやすくする」という役割がある。 例えば、「部屋を片付けてほしい」ということを誰かに伝えたい場合、怒りながら「部屋を片付けなさい」と伝えるのは簡単である。 それでは、喜びながら、悲しみながら、楽しみながら伝えてみてほしい。 怒り以外の感情で、「部屋を片付けてほしい」と頼むのは、なかなか難しい。 喜びで伝えるには「部屋を片付けてくれると嬉しい」となり、 悲しみで伝えるには「なんで部屋を片付けてくれないの」となる。 楽しいは、「一緒に部屋を片付けよう」となる。答えを聞けば簡単だが、怒り以外の感情を難しく感じるのは使い慣れていないからである。 「怒ることは悪いことだと思っている人は多い。怒っても後悔するし、怒らなくても後悔するためだ。しかし怒ること自体は悪いことではない。 怒る必要があるときには上手に怒り、怒る必要がないときには怒らないようになることが重要である。 怒りを後悔しないように訓練するのがアンガーマネジメントである」 それでは、なぜ多くの人は怒りの感情をコントロールするのが難しいと思っているのか。 その理由は怒りをコントロールする教育を受けたことがないからである。 アンガーマネジメントは、教育として怒りを理解し、学ぶ場であり、米国では"心理教育"と呼ばれることもある。 「怒ったり、イライラしたりすることは知っている。 しかし、怒りを理解はしていない。知っていることと、理解していることは大きな違いである。 例えば、"薔薇"という漢字が読める人は多いが、漢字で書ける人は少ない。 それは知ってはいるが理解していないため書けないのだ。怒りを理解し、感情をコントロールできるように技術を磨くことが必要だ」

怒りの感情とは何?

怒りの感情とは何なのか。単なる「感情表現」である。 人間に備わっている感情なので、怒りという感情がない人はいない。 また怒りは「伝達手段」でもある。 さらに怒りは、自分の身を守るための防衛感情であり、「機能・役割」である。 「怒りの感情がなくなると恐怖心もなくなる。 そのため、例えば、犬が吠えていても、怖くなくなり、噛みつかれてしまう。 自分にとって危ないことを察する能力がなくなってしまうのである。 自分の身を守るためにも、怒りという感情は不可欠なのだ」 怒ること自体には問題はないのだが、気をつけてほしい怒りが4つある。 「強度が高い怒り」「持続性のある怒り」「頻度が高い怒り」「攻撃性のある怒り」である。 例えば、怒りの持続性はどれくらいなのか。 「"末代先まで恨んでやる"という言葉があるくらい、持続性のある怒りは厄介なものだ」と話す。 また、怒りは第2次感情であるという概念が非常に重要になる。 例えば心の中にコップがあるとする。 このコップに第1次感情である、不安、痛み、辛さ、苦しさ、むなしさ、悲しさなどのマイナスの感情を注いでいく。 心のコップが第1次感情でいっぱいになり、何かのきっかけであふれ出すのが第2次感情である怒りだ。 「本当に怒らなければならないのは、次回からはどうしてほしいかを伝えるときである。 ところが多くの人は、第1次感情をぶつける怒り方をしてしまう。 第1次感情を伝えるのがメインではなく、次からどうしてほしいかを伝えるのが怒りの本質である」 第1次感情をぶつけないためには、どうすればよいのか。「怒りのボキャブラリーを増やすことだ」。 「あたまにくる」「腹が立つ」「イライラする」など、怒りに対するボキャブラリーをどれだけ挙げることができるだろうか。 怒りの感情は幅が広く、それに貼るラベルが怒りのボキャブラリーである。 もし怒りのボキャブラリーを3個しか思いつかなければ、3段階でしか怒りを分類できない。 怒りのボキャブラリーが10個になれば10段階に怒りを分類することができる。 怒りのボキャブラリーを増やせば増やすほど、自分の状態を正確に伝えることが可能になる。 「現在、学校関連のトレーニングもしているが、いまの子どもたちがキレやすいというのは事実である。 いまの子どもたちは、ボキャブラリーが極端に少ない。 極端な話、"ヤバい"と"キレる"しかボキャブラリーがない。 何を見てもヤバい、何を食べてもヤバいで、"おいしい"のか"おいしくない"のかも分からなくなっている」

私たちを怒らせるものの正体

私たちを怒らせるものの正体とは何なのだろうか。 「だれか」なのか、「できごと」なのか、「なにか」なのか。 安藤氏は、「すべて間違っている。私たちを怒らせるものは、"だれか"でも、"できごと"でも、"なにか"でもない。 私たちを怒らせるものは、"べき」"である」と話す。 自分が信じている「べき」が裏切られたときに人は怒るのである。 例えば、「仕事はこうすべき」「子どもはこうあるべき」「マナーは守るべき」という思いが裏切られたときに人は怒る。 人が怒る原因は、外部的な要因と思われがちだが、実は内部的な要因であり、理由はすべて自分自身が持っている。 この「べき」には、3つの境界線がある。 まず「自分と同じ価値観」、次に「少し違うが許容範囲」、最後に「自分と違い許容できない」である。 例えば、「10時に集合」と言われた場合、9時50分に来るべきと考える人、9時55分に来るべきと考える人、10時でいいと考える人など"べきの境界線"はさまざまである。 境界線は少しずつ違うが、全員正しいことを言っている。 そこで境界線をすこし広げれば、たいていのことにはイライラしなくなり、怒りはコントロールできる。 ただ、怒らなければならないときは必ずあり、境界線を際限なく広げる必要はない。 少しだけ許容範囲を広げる努力が必要だが、大事なのは決めた境界線を動かさないことだ。 「日によって、9時55分が許せる日と許せない日があってはいけない。信頼される怒り方が必要になる。 9時55分まで許すと決めたら、どんなに機嫌が悪くても怒ってはいけない。 逆にどんなに機嫌が良くても、10時1分に来たら怒らなければならない。これが信頼につながる。 論外なのは、境界線を人によって変えることだ」

アンガーマネジメント3つの暗号

アンガーマネジメントは、「衝動のコントロール」「行動のコントロール」「思考のコントロール」の3つで構成されている。 アンガーマネジメントができるようになると後悔しなくなり、上手に表現できるようになる。 怒りの強度が高い人は測ることが有効になる。衝動のコントロールでは、怒りを感じた時に6秒待つことを心がける。 諸説あるが、怒りの感情のピークは6秒と言われている。 スポーツで乱闘になるのは、事件が起きてすぐであり、落ちついてからは乱闘にならない。 また、イラッとしたら怒りの温度を付けておく。 怒りの温度に合わせて対処方法を決めておけば怒りに上手に対処することができる。 「怒りの感情は、力の強いところから弱いところに流れる。 例えば、会社のイライラを家に持って帰り、親は子どもにあたり、子供は学校で弱い子をいじめ、いじめられた子は家に持ち帰って親にあたる。 親は会社で同僚や部下にあたり、お店に行って店員にあたる。 すべての人が自分の感情に責任が持てるようになれば、怒りの連鎖を断ち切ることができ、よりよい世界を実現できると信じている」と締めくくった。

怒りの感情コントロール専門家

「アンガーマネジメント」の日本の第一人者。 日本人としてはじめてのナショナルアンガーマネジメント協会、MFTNY公認アンガーマネジメントファシリテーター。 ナショナルアンガーマネジメント協会は、1000名以上在籍するアンガーマネジメントファシリテーターの中でアメリカ人以外では唯一として登録。 著書に『この怒り 何とかして!!と思ったら読む本』『イラッとしない思考術』『怒りのマネジメント術』。 怒ることのデメリットを考えてみましょう。 おそらく、「あとで後悔する」「相手と気まずくなる」など、 メンタル面を挙げる人が多いのではないでしょうか。 でも実は、「身体に及ぼす悪影響」のほうがデメリットは大きい。 体のあらゆる機能が落ち、通常の7~8倍くらいのダメージがあると言われます。

正解はありませんが、大切なのは怒るべきことは怒る、 怒らなくていいことは怒らないようにする。この線引きができることが重要。 「あのとき怒っておけばよかった」「あんなに怒らなくて」 そんな怒りの感情で後悔しないように、 アンガ―マネジメントを学んで、怒りを上手に表現できるように。

 

日本アンガーマネジメント協会

アンガーマネジメント教材