怒りを有効活用する学問 > アンガー マネジメント

日本アンガーマネジメント協会ファシリテーター養成講座

アンガーマネージメントとは?

アンガーマネジメントとは?

1970年代にアメリカで始まったもので、教養やマナーのひとつとして教育現場に導入されています。

日本アンガーマネジメント協会

自分の怒りの感情やイライラをコントロールして上手く付き合う心理技術です。
「アンガー」は怒りの感情、「マネジメント」は管理やコントロールのことを指しています。
日本アンガーマネジメント協会ではここでいう「マネジメント」を「後悔しないこと」と意訳しています。
根本的に怒らないような思考・体質を作ることを目的としていますが、それにはある程度の時間と労力が必要とされます。
まず、怒りはするがそれを表に出さなくて済むようになる短期的な対処法から習得していただきます。

「絶対に怒ってはいけない」というわけではない

無理に怒らず、溜め込んでいるとストレスとなり、かえって溜まっていた怒りが爆発し、周囲の人を傷つけたり、ストレスから体調を崩してしまったりと 自分自身の状況を悪化させかねません。怒ってもいい。
ですが、その怒りに振り回され、損をすることがないようにコントロールをすることが重要なのです。
ではどのように対処し、怒りやイライラに振り回されない自分を造ることが出来るのでしょうか。

怒りをコントロールする方法

怒りの原因は自分の中にある信念や価値観にあります。
そもそもなぜ怒りは起こるのでしょうか。
それは誰もが持っている「自分自身が正しいと思う信念や価値観」であると考えられます。 「年上だから敬語を使うのが当然だ」、「挨拶は誰にでもするべきだ」などの~するべき、~するのは常識、といった独自の信念・価値観のことを意味します。
これが怒りへの起爆剤となっているのです。
つまり、出来事そのものが怒りを生むのではなく、自分の中での意味づけに原因があるのです。
出来事を自分の中の判断基準に照らし合わせ、正しいか否かを判断し、その結果が許せないと怒りが生まれます。
同じ出来事に遭遇しても怒る人とそうでない人がいるのは、判断基準が人それぞれであるからなのです。
なので、自分自身の判断基準を知り、判断基準を緩和していくことが怒りをコントロールするのに重要となるのです。

イライラしてる人を前にしたときは

冷静になる
怒っている人を前にしたときは、つい自分も怒ってしまいがちだが、ここは冷静になりましょう。
感情的な人間に対して感情的に接していれば、怒りの連鎖が生まれるだけです。
怒っている人というのは、実際自分が何に怒っているのか分からないということが多いものです。
怒りで前が見えなくなる前に、まず自分だけでも冷静でいるよう心がけましょう。

毅然とした態度で接する
大抵、怒っている人に理屈は通じません。が、問題というのは理屈でしか解決しないものです。
相手が何に怒っているのか、自分にどうしてほしいのか、質問する必要があります。
あまりに相手の怒りが強い場合は、その場を一旦離れるのも対処法の一つです。
また、よく「キレる」人は「キレる」理由もワンパターンです。
相手に考える時間を与え、自分の何が相手を怒らせたのか分析しましょう。

相手が何にイライラしているのか知る
怒らせる理由というのは、ほとんどがコミュニケーション不足です。
怒りの感情は二つの段階があり、第1段階で心配や後悔といったフラストレーションが溜まっていき、第2段階で臨界点まで達したフラストレーションが「怒り」となって暴発するのです。
相手を怒らせないためには第1段階で「怒り」を未然に防がなければならず、そのためには日ごろから相手の「怒り」に至るパターンの分析が必要になります。

日本アンガーマネジメント協会

アンガーマネジメント教材