怒りを有効活用する学問 > アンガー マネジメント

日本アンガーマネジメント ファシリテーター養成講座

アンガーマネジメントを実行するためには

①「怒り」という感情の発端を紐解こう
②「怒り」のメカニズムを知り、効果的にコントロールする
③「怒り」が生み出す負の連鎖を解消するために
④「怒り」を把握するためにコアビリーフを分析すべし
⑤「怒り」をなくすための解決思考を形成していく秘訣
⑥「怒り」をコントロールするためのテクニックを紹介!

「怒り」という感情の発端を紐解こう

「怒り」という感情は、自分ではそうしたいと思っていないのに、自分でも抑制できずに溢れ出してしまうものです。
時間がたって頭が冷えてくれば、どうしてあんなことを言ってしまったのか、してしまったのかと自分を攻めたてる結果になることもしばしばあります。
マグマをまき散らす噴火のように、怒りは周囲の人間や自分自身に痛手を負わせます。
怒ってばかりの人間は信用を失い、怒りは伝染しますます雰囲気は悪くなるのです。

怒りはコントロールできる?

自分ではなかなか抑制することが難しいという不安が、「怒り」という感情にはいつも付きまとっています。
自分で怒りをコントロールできたら・・・と誰しもが思うでしょう。
そんな不安感から救ってくれるのが「アンガーマネジメント」です。
アンガーマネジメントとは、1970年代にアメリカで起こったアンガー=怒りをマネジメント=良い方向へ向かうよう自ら調節、管理する方法論のことです。
注意していただきたいのは、アンガーマネジメントは「怒りを抑える方法」ではなく「怒りを自ら制御し、よりよい結果を得る」ということに重点をおいているということです。
怒りは押さえつけられることによってさらに肥大化し、結果、大爆発を引き起こしてしまいます。
自分の怒りを理解し、受け入れ、客観的に対処することがアンガーマネジメントの目的であることを理解しておいて下さい。

どんな場面で役に立つの?

ビジネスでの利用はもちろん、教育の現場や、スポーツ、プライベートな人間関係など、様々な場面でアンガーマネジメントが役立ちます。
最近では、感情による過度のストレスが問題になっている医療現場の職員の間で注目されています。
アンガーマネジメントが広く浸透しているアメリカでは、実に様々な場面で実用化されています。
新人社員の企業研修、NFLでのメンタルトレーニング、カウンセリングでの利用、裁判所が被告者に下す施策としてもアンガーマネジメントが使われています。 アンガーマネジメントの基本を押さえれば、あらゆる場面であなたの助けになるでしょう。

たとえばこんな人にオススメ

・職場で
部下の信頼を得たい
イライラを無くして上司としての威厳を保ちたい
職場の雰囲気を良好にし、社員の作業効率を上げたい
反りの合わない職場の人間を何とかやり過ごしたい
上司の叱責に耐えられるメンタルを得たい
トラブルがあった時取り乱さず冷静に対処したい

・家庭で
子育てで子供に対してついカッとなってしまうのを押さえたい
子供の情操教育に役立てたい
良好な夫婦関係を保ちたい

・ほかにも・・・
スポーツでいつでも最高のパフォーマンスを出せるようにしたい
友人同士のトラブルを減らしたい
恋人との関係改善
など

アンガーマネジメント教材