怒りを有効活用する学問 > アンガー マネジメント

日本アンガーマネジメント ファシリテーター養成講座

★

アンガーマネジメント研修の効果

「アンガーマネジメント」――日本では、まだそれほど浸透していない言葉ですが、 1970年代にアメリカで始まった、怒りの感情をマネジメントするための心理トレーニング法のことです。

怒りの感情を「マネジメントする」とは、「怒らなくなること」ではなく、怒りの感情と「上手に付き合う」ことを意味しています。

日本アンガーマネジメント協会では「後悔しないこと」と意訳しています。
怒りの感情は、「危険から身を守る」という自意識に起因しています。
「危険」とは、身体におよぶこと、自尊心、名誉などであり、これらを守るための怒りは必要な感情です。

つまり、「怒ってはいけない」というメッセージをアンガーマネジメントが発信しているのではありません。
けれども、我を忘れてしまうほどに怒ったり、いつまでもイライラをリセットできなかったりすることが 問題言動へと派生することが多いので、「怒りの感情と上手に付き合う」=「アンガーマネジメント」が求められているのです。

アメリカでは、会社員、経営者、教師、政治家、医師や看護師などの医療関係者、弁護士、スポーツ選手等、様々な職業の人たちがアンガーマネジメントの技術を習得しています。

その理由は、
・会社員は、職場でイライラせずに効率的に仕事をするため
・経営者は、怒りにまかせた行動で部下の信頼を失わないため
・教師は、学校で子どもたちへの情操教育のため
・政治家は、怒りを抑えきれずに失態を犯したり、醜態をさらさないため
・弁護士、医師などのストレスの高い仕事の人はストレス対策のため
・スポーツ選手は、試合中の冷静さを保ち、最高のパフォーマンスを発揮するため
などです。



アンガーマネジメントの研修ステップ

①「怒り」という感情の発端を紐解こう
②「怒り」のメカニズムを知り、効果的にコントロールする
③「怒り」が生み出す負の連鎖を解消するために
④「怒り」を把握するためにコアビリーフを分析すべし
⑤「怒り」をなくすための解決思考を形成していく秘訣
⑥「怒り」をコントロールするためのテクニックを紹介!



怒りという感情をマネジメントできないと・・・。
● 周囲の人とぶつかり、不要な軋轢や衝突を引き起こし、ストレスが溜まりやすくなります。
● 会社では、特に上司が怒りっぽいと職場環境が悪くなり、社員のモチベーションが下がり、生産性が下がります。
● 怒りによって判断力を失います。
● 信頼をも失います。



★アンガーマネジメント講習会

● 周囲の人とのコミュニケーションが良くなり、ストレスのない明るく楽しい日々になります。
● 会社では、社員間・世代間にある価値観の相違から起こるストレスやイライラがなくなります。
● 上司と部下の関係が良くなって仕事の効率が上がり、生産性が向上します。
● 怒りをコントロールする技術を身につけることで、効果的な怒りの伝え方、良好なコミュニケーションの方法を理解できるようになります。
● 怒りをコントロールすることを通して、不安やストレスといったネガティブな感情をもコントロールできるようになります。



有料診断お申し込み

アンガーマネジメント教材